見出し画像

夏から秋の夕暮を感じる。「haruka nakamura」の世界

自分がインストを聴くとは考えもしなかった。

学生の頃は、コブクロ、Mr.Children、くるり・・・などのメジャーどころのポップ・ロック系ばかり聴いていた。


そんな自分が”雨と休日”で「haruka nakamura」というアーティンストに出会ってから、インストを聴くようになった。

そして、今日も買ってしまった。

Twilight


陽が沈んでから夜が来るまでの淡く美しい、その時間へ捧げる

CDの帯に書かれている言葉通り、夕暮れからの時間に聴きたくなる曲。
夏から秋への移り変わり−−−。
ススキや虫の声が聞こえてきそうな曲ばかり。

夕暮れ時にiPhoneで聴きながら散歩をすると最高。

この動画は、Twilightに収録されている「音楽のある風景」のLIVE映像。
音楽はもとより、映像も良い。


haruka nakamura氏とAOKI,hayato氏の音楽会チケットを購入することができたので、楽しみでたまらない。

会場であるパン屋さんのコトバで、この音楽会の雰囲気がイメージできる。

キャンドルの灯りが2人の音楽家の紡ぐ旋律を照らし
夏の終わりの寂しさを、移りゆくときの静けさを
音と光のなかでご堪能頂けることと思います。
簡単なフードとドリンクをご用意してお待ちしております。


夏バテや暑い中での仕事で身体と心が少し疲れている方にもおすすめ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

良い1日を!!
3
IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile

こちらでもピックアップされています

書いた。(Blog的マガジン)
書いた。(Blog的マガジン)
  • 100本

ブログ的な感じで書いたnoteをまとめたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。