見出し画像

自分が面接をする側になるとは

風と雨が騒いでいる日曜。

近所のマックで、明日の研修の課題図書をしこしこ読んでいました。

「入社後、活躍する人」を見逃さない面接の技術

そう、明日の研修は”面接官研修”です。

今までもスポットで面接してきたことはありますが、これからは業務の一つとして実施していくので、ちゃんとした研修を受けることにしました。

面接される側だった自分がする側になるとは想像できませんでしたね。


本の紹介を少しだけ。

本書は、採用プロセス中の「ファン化→見極め→勧誘」についてをメインで説明しています。

この「ファン化→見極め→勧誘」が面接で行うプロセスとのことです。

単純な説明だけでなく、具体的な質問内容・行動・考え方も書かれているので、面接官をしたことがない人にも理解しやすいと思います。

面接官はこんなことを考えているのか・・・・という感想も持ちました。

面接を受ける側の人が読んでも良いかもしれません。企業が重要視していることがよくわかります。


面接について特に深く考えたことが無かったですが、自分と一緒に仕事をする仲間を採用するプロセスに関われるのは嬉しいですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

あなたのスキ!!でまた書くことができます!!
7
IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile

こちらでもピックアップされています

書いた。(Blog的マガジン)
書いた。(Blog的マガジン)
  • 100本

ブログ的な感じで書いたnoteをまとめたマガジンです。

コメント (3)
面接する側なんてずーっと先の話かと(^^; そんな研修もあるんですね!
むしろその本、就活中に読んでおいたら良かったかもなんて思いました(^^;
ゆずちゃさん
そうなんですよw自分も初めて知りましたw
プラスチカ。さん
研修疲れました(笑)
就活生が見たらためになるかもしれませんw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。