見出し画像

夜は短し歩けよ乙女 | ひとことレビュー

後輩からおすすめされて数年、やっと読むことができました。

夜は短し歩けよ乙女

舞台が京都ということで、京都好きとしても楽しみな作品でした。

久しぶりの小説。読みはじめてから数分で物語の中に引き込まれていきました。

現実から少し離れた話に最初は違和感を覚えました。
最近は技術系の本や小難しいビジネス書を読んでばかりなので、現実離れした内容に頭がついていかない・・。頭固まってるなぁ。

先斗町や下鴨神社など、京都の街を思い出し想像しながら読みました。
京都に行きたくなってしまった。
「下鴨納涼古本まつり」と「進々堂」は絶対行きたい!!

しかし、こんなに進展しない恋愛小説は無いな、と読み終わって思いました。

でも、あの2人にはそれがちょうどいい。


ただただ楽しいだけの読書。

こういう時間も必要ですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします。
10
IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。