見出し画像

Chrome OSが仮想デスクトップに対応(利用手順を紹介)

Chrome OS 76がリリースされ仮想デスクトップに対応しました。

仮想デスクトップを有効化

デフォルトでは仮想デスクトップ機能は無効になっているので、Chromeを起動しアドレスバーに「Chrome://flags/#enable-virtual-desks」と入力します。

Enable Virtual DesksをEnableにします。

仮想デスクトップ作成

三本指で上(か下)にスワイプして、開いているウィンドウをすべて表示させます。
新しいデスク”というアイコンをクリックすると、新規ウィンドウを表示できます。(最大4つ)

これで作業効率が上がりそうです。

進化を繰り返すChrome OS、これからも楽しみです。

---


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

嬉しいです!!
4

ナイトゥ

IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile

IT Memo

Webサービス、アプリ、その他IT系全般の記事をまとめたマガジンです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。