見出し画像

落合陽一×奥山由之

落合陽一氏の写真展『質量への憧憬 ~前計算機自然のパースペクティブ~』に合わせて開催されているトークイベントに行ってきました。

今、写真メディアから感じる“エモさ”や“質感”を再発見する

全3回のイベントで毎回ゲストが異なります。

自分は3回目へ参加。
ゲストは奥山由之 氏。ポカリスエットのCMが有名ですね。
個人的には”haruka nakamura”のMVが印象に残っています。

終始楽しそうに喋る落合さんと、落ち着いた口調で応える奥山氏。
二人の会話から、それぞれが日々見ている風景を少し覗けた気がしました。

写真の揺れ幅

話の中で一番印象に残った、というか腑に落ちたことは、
写真は揺れ幅がある
ということ。

動画は尺が長いから撮影者の意図が伝わりやすくて、写真はその逆。
尺が短いから、見る人や見る時によって揺れ幅が多い。

見ている側の裁量が多いということなんでしょうね。

日々の生活、特に仕事では常に意図や理由を求められます。
写真には曖昧さ、自由さがあるから好きなのかもしれません。

二人の会話に頭が追いつかないこともありましたが、とても刺激的な時間でした。

---


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

ありがとうございます!!これからもよろしくお願いします。
10

ナイトゥ

IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile

Naisanpo - note -

Blog的に書いたマガジンです。 写真/カメラ、旅行、WEBサービス系の記事が多めです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。