見出し画像

森見登美彦 | 夜行

森見さんの小説は「夜は短し歩けよ乙女 」に続いて2作品目。

夜は短し歩けよ乙女とは世界観が全く違って、ミステリアス・闇という印象。

この本にはタイトルが表すとおり が溢れている。
本をイメージすると必ず夜がついてくる。

ホラーとまではいかないが読み進めていくとゾクゾクっとしてしまう。

その感覚が病みつきになって読むのが止まらなくなる。

画像1

が一つのキーワードになっていて、「夜行」を読み始めたのが新幹線の中だからか没入感がすごかった。

画像2

夏に読むのがおすすめだけど、秋の涼しい風を感じて読むのも良いと思う。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

あなたのスキ!!でまた書くことができます!!
6
IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。