見出し画像

晴れた日はFoveonを。

SIGMAのカメラに搭載されている「Foveonセンサー」

光の三原色をそのまま取り入れることが可能なため、一般的なベイヤーセンサーのようにデジタル補正が不要でありのままの色を表現できます。

画像14

自分はベイヤーセンサー搭載のカメラを日常的に使っていますが、晴れた日はFoveonセンサーが搭載された「SIGMA DP2x」を片手に写真を撮ることが多いです。

Foveonセンサーは晴れた日に本領を発揮すると考えているから。

DP2xは2011年に発売されたカメラで、自分は2012年から使い続けています。

2月のある日

快晴の日、DP2xと散歩しました。Foveon日和。

画像1

画像2

画像3

その場の空気感も写す--
写真やカメラを語るときに比喩的に使われる表現。

SIGMAのカメラはこの表現がピッタリ。

画像4

影を一番優しく写してくれるカメラ(だと思ってる)

画像5

画像6

画像7

画像8

日が傾きはじめた。

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

おわりに

10年近く一緒にいるカメラ。

「このシーン、このカメラで撮りたい。」
と今だに思わせてくれるすごいカメラです。

それを創り出すSIGMAが好きです。

---


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読み頂きありがとうございます!! サポートはレビュー用のアプリ・サービス購入費、記事を書くための諸経費(珈琲代など)に活用させて頂きます!!

良い1日を!!
8
IT系の会社でサービス開発の仕事をしています。都内で猫と暮らしてます。奈良/珈琲/写真/桜/鯛焼きが好き。カメラはSIGMAとFUJIFILM。日本の良いところを伝えていきたい。お気軽にご連絡ください。#詳細プロフィール:https://naitwo.me/profile

こちらでもピックアップされています

見ている風景
見ている風景
  • 124本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。