ひとことレビュー

9
おやすみ東京 | 吉田篤弘

おやすみ東京 | 吉田篤弘

東京の夜を舞台にした短編集。 "夜のタクシー"運転手、びわ泥棒、私立探偵・・・様々な人の人生が絡み合います。 面白いのはこの作品、連作短編で短編それぞれが繋がり1つの長編小説のようになっています。 この小説の夜は不思議と冷たさや怖さがない。 夜、少し灯りを落とした部屋で、お酒を呑みながら読みたい本です。 --- 面白かった作品は、Instagramでハッシュタグ検索しています。 感想や生活の中でどう読まれたか知れて面白い。

スキ
4